WiMAXを契約前にお試ししたい!

WiMAX お試し

wimaxを契約してみたいけどその前に一度試してみたい!

wimaxを契約してみたいけどその前に一度試してみたい!という方におすすめなのが、WiMAXを無料でお試しできる【Try WiMAX】というUQwimaxというプロバイダが行なっているサービスがあります!

 

このサービスは15日間無料でwimaxを借りる事ができます。

本当にただなの?や、そのまま契約されるのでは?といった不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、【Try WiMAX】を利用してみた私が実際どうだったかを、お話していきます。

 

結論から言いますと【Try WiMAX】は完全に無料で、お試し後に契約をさせられる事や推し売られることはないです。

 

ですが、いくつか注意すべきポイントもありますので、そちらもお話していきます。

 

TryWiMAXって何?

 

WiMAXを無料で15日間お試しできるサービスのことです。

 

実際にwimaxを使ってみないこと、通信速度や繋がりやすさがわからないと思います。

 

しかし、一度契約してしまうと、大抵契約から25ヶ月目以外は”違約金”という高額な費用が掛かってしまいます。

 

こう言った悩みを解決してくれるのが【Try WiMAX】です。

実際に販売されている端末機器を使用する事が出来ます。

 

契約の前にお試しでwimaxを使用できる公式サービスがあるのは、大きなメリットかと思います。

 

お申し込みにはいくつか条件が、ありますが、それは下記の通りです。

 

・日本国内在住の20歳以上の方

・クレジットカードを利用できるかた。

・過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方。

 

Try WiMAXがご利用可能かどうか調べる方法

 

お申し込みをするには、お申し込みされる方の使用される場所がwimaxが使えるエリアなのかを調べます。

 

こちらからエリアチェック

 

ピンポインエリア判定という項目で住所を入力すると、wimaxがその場所で使用できるかどうかを、(◯)(△)(×)で判定をしてくれます。

 

◯の場合は、問題ありません。

 

△の場合、WiMAXが使用できるか微妙なので、ぜひ使ってみましょう。

むしろ△の方の為のサービスですからね。

 

×の方は残念ですが、ご使用される場所がエリア外ですので、【Try WiMAX】はご利用できません。

 

Try WiMAXのセット内容

 

送られてくるWiMAX端末と付属品は下記の物になります。

 

WiMAX端末本体

充電コード

返却手順書

つなぎかたガイド

キャンペーンDM

ゆうパック着払い伝票

 

今現在、Try WiMAXで試せる最新端末は【W05】です。

 

どの端末でも通信速度や対応エリアは変わりませんが、一応最新の機器を選ぶと良いでしょう。

 

注意するポイント

 

注意するポイント1 15日間使えるわけではない

UQのサイトには”15日間無料お試し”と書かれています。

しかしこれは「UQから端末が出荷された日から、端末がUQに戻ってくるまでの期間」のことです。

 

まぁこれは普通15日間使えると勘違いしますよね。

ですので実際使えるのは余裕を持って10日ちょっとでしょうか。

 

期限を過ぎてしまうと延滞料が発生してしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

私の時は、出荷したというメールから2日後にWIMAXが到着して、端末返却後2日後にUQに端末が到着したらしです。

 

ですので出荷したというメールが来た12,3日後には返却致しましょう。

 

注意するポイント2 同封されている書類(広告)から契約するとネット契約より高い

 

ちょっとでも安くWiMAXを契約をしたい方は【Try WiMAX】に同封されている広告から申し込ま内容にしましょう。

 

理由は、プロバイダ経由で申し込めば時期にもよりますが3〜4万円以上のキャッシュバックが貰えるからです。

 

そのプロバイダは、WiMAX業界でキャンペーンが1番高いGMOとくとくBBです。

 

上でも申し上げましたがキャッシュバック内容は、時期にもよりますが、約3〜4万です。

 

WiMAXはどのプロバイダで契約しても、通信速度や対応エリアは全て同じなので、より安いプロバイダやキャッシュバックが高いプロバイダで契約する事がおすすめです。

 

注意するポイント3.端末機器を無くしたり壊したりすると、その分の代金を請求される

 

これは当たり前の事ですが、端末機器を無くしたり壊したりしてしまうとその費用が発生してしまいます。

 

Try WiMAXは、申し込みの時に代金が発生し問題がなく返却されれば請求がなくなるという仕組みなので、紛失や破損は1番注意しましょう。

 

よくある質問

 

2回目以降は借りられるの?

過去180日間以内にTry WiMAXを利用していない方なら再度TryWiMAXをご利用する事ができます。

 

TryWiMAXを利用後、しつこく営業されない?

私の場合はTryWiMAX利用して1週間後くらいに一度電話があり、使用状況などを聞かれてキャンペーンの案内を受けました。

そのあとは、特に電話などは来ていなくメールにちょくちょく案内メールがくるくらいです。

他の口コミサイトをみていると、勧誘が少ししつこいと言った内容もあったので、もしTryWiMAXを利用し、契約しなくてもいいな〜という方は、もし勧誘があった場合は自分の状況だといらないということをしっかり伝えましょう。

 

wimaxは一人暮らしに最適

 

 

wimax 一人暮らし

一人暮らしをしている人におすすめなWiMAXですが、そもそもWiMAXってなんなの?と思っている方やポケットWiFiや固定のWIFIとかと何が違うのかお話していきましょう。

簡単に言うとWiMAXとはポケットWiFiルーターの1つです。

スマホとかにあるLTEなどと同様の無線回線の1つです。

普通のWiMAXと、速度が数倍になったWiMAX2+と2種類あります。

今はもうWIMAX2+しか契約出来なくなっています。

また、それを使ったサービス自体の事をWiMAXとも言います。WiMAX回線はWiMAX2+になった事により最速40Mbpsだった通信速度が220Mbpsに進化しました。そして2016年に最新技術によりau4GLTE回線も利用可能となり、440Mbpsまでと高速になりました。この進化はとても大きくめちゃくちゃおすすめできるパフォーマンスになりました。

そして、それだけではなく最新W05ルーターは、より進化し558Mbpsの通信速度を実現しました。

 

また、一人暮らしの方に多いマンションでは100Mbps回線が主流です。

この通信速度がどれだけ速いかはわかるでしょう。

今お話した数値は理論値であって実際の通信速度ではないですが、一人暮らしの方が家で使う分には十分です。20Mbps前後は安定的に出ます。

例えますと、携帯でユーチューブを高画質で視聴する際に必要な通信速度が1Mbps程度ですから、一人暮らしの方がWiMAXで十分だということは明白です。

また、先ほども言いましたが、WiMAXの特徴としてau4GLTEがWiMAXサービス利用も出来るのです。今のポケットWiFiを使ったモバイル回線の主流は各社のLTEかWiMAX2+でので、幅広く対応可能なのもメリットの1つです。

それでは次に、一人暮らしでおすすめできるWiMAXと他のインターネットとを比較してあなたがWiMAXを含めて何が本当にいる物なのかを一緒に探していきましょう。これに関してはwimax小僧というサイトを参考にしています。

WIMAXがおすすめな理由

 

・工事が必要なくすぐ使える

・料金プランが安い

・キャンペーンが色々とある

・引っ越しをする時でも解約する必要がない

 

・工事が必要なくすぐ使える

引っ越しの時は、バタバタする時期でも工事が必要なく即日で利用可能、また引っ越し前に申し込めばその引っ越し前から安心して利用可能です。また、固定WIFi回線は工事までに2ヶ月程かかることもあります。

あなたがどの程度インターネットを使うかでWiMAXで十分ならすぐ使いたい方には良いのではないでしょうか。

 

・料金プランが安くキャンペーンが多い

固定WIFIよりお得なプランが多数あり、キャンペーンも多いです。最新のおすすめ情報を得ることでかなりお得にご契約が出来ます。初期費用も登録料の3,000円程でほとんどが契約可能です。

また、長期の契約でも通常料金が固定WIFIよりも安いので、長期利用の場合でもWiMAXはおすすめです。

 

・引っ越しをする時でも解約する必要がない

固定WIFiがすでに敷いてある家も含めて、引っ越しの時には固定WIFIの解約が必要ですよね。それに比べWiMAXなら次の自宅でもエリア内ならばそのまんま利用できます。出張でも使用でき、急な転勤や住む期間が短い方などはWiMAXのほうが解約金がかかることはないので良いのではないでしょうか。

WiMAXにも解約金はありますが、安いですし大抵25ヶ月目は無料で解約できます。

 

またWiMAXは時間帯によっては通信速度が違って来るようです。

基本的にWiMAXはいつでも快適な通信を行うことができますが、時間帯によってはその快適性が失われる事があります、

その快適性が失われる時間帯とは、夜間などの通信が混み合ってしまう時間です。

これは地域によって差はありますが、大体どこであっても夜間になるとWiMAXを使う人が

増えます。

当然ですが、WIMAXの使用する方が増えれば通信は込み合あってしまいので、通信速度が遅くなってしまうこともあります。

この為、朝などの通信速度よりも低い速度になってしまう事があります。

ただ単に夜だからというわけではなく、夜になると使用する方が増えるというのが問題なのです。

ですので夜間になっても使用する方が少ない地域では、通信速度はさほど朝とは変わりません。

どちらにせよWIMAXは時間によっては遅くなってしまうということを頭の片隅に入れておきましょう

重要なデータ通信などは朝や昼などに、出来るだけ行うようにするなどのすると良いかもしれませんね。

まあ遅くなると言っても通信が込み合う時間帯にWiMAXを使用しても、速度低下がそれほど気にならないという方もいらっしゃるくらいです。

これは使用する方が大容量のデータ通信をあまりしていないからかもしれませんが、違った理由もあります。

それは込み合う時間帯でも、速度が遅くならない工夫をしているからです。

例えで言いますと、なるべく窓際にルーターを置いたり、Wi-Fi中継器を併用したり、いろいろな方法で受信をしやすく出来るのです。

こういった工夫をすれば、通信速度が遅くなるといったことは非常に抑えられます。

今WiMAXをご契約している方で、なんか夜になったら通信速度が重いと感じた方は、ぜひ上でお話したことをお試しください。

参照サイト wimax小僧

ちなみに業界最安値級のプロバイダーは wimax-broad

 

wimaxは安心サポートがあるからいいんです。

wimax 安心サポート

安心サポートというオプションサービス

安心サポートというオプションサービスがWiMAXには存在します。

キャッシュバックとかのキャンペーンを受けるために安心サポートへの加入がるプロバイダも存在します。

「安心サポートって便利なオプションかどうか気になる!」

などと思っている方も多いと思います。

ですので、便利なオプションかどうかのご説明をします。

それでは本題に入っていきましょう。

安心サポートへの加入はした方がいいのかの、回答は必要ないです。

WiMAX普通に利用して故障する可能性は結構低いです。

携帯などの場合だと手にもって使うことが多く、使わない場合でもポケットなどすぐに出し入れしやすい所に入れることが多いので、不注意で落としてしまい割れてしまったり水に落してしまい水没させてしまったりされた方もいると思います。

しかしWiMAXの場合、携帯と違って頻繁に手で持って使用したり、ポケットのような落しやすい所にしまったりすることはあまりないと思います。

仮にポケットに入れる方でも、出し入れすること自体がほぼありません。

WiMAXは近くにあれば良い物ですので、ほとんどの方はカバンの中に入れている人が多いと思います。

しかも安心サポートは故障した時、絶対に保証が受けられるわけではありません!

その理由は故障の内容によって、プロパイダの判断で保証対象では無くなってしまう可能性があります。

そういった場合は安心サポートに入ったのに、修理費や交換費用などが請求されていまい、安心サポートに入った意味が無くなってしまうことがあります。

しかも、もし故障させてしまった場合でも端末メーカーで1年間の保証期間がありますので、契約から1年以内はメーカーに修理してもらう事が出来ます。

安心サポートといっても所詮保険のようなものです。

 

WiMAXも精密な機械ですので、多少の故障のリスクはあります。

日常でカバンを持たない人だった場合は、カバンに入れてリスクは軽減できるわけです。

スマホの場合は液晶の画面に傷ついたり割れたりしたら一気に使いづらくなってしまいますが、WiMAXは傷ついたり画面が割れたとしても電波を発する事ができれば利用する上では、なんの問題もありません。

こうした理由から毎月かかる料金を増やして、安心サポートは加入すべきオプションサービスではないとかと私は思いました。

 

wimax 電波

wimaxを買ったのは良いけど、あれ?繋がりにくい?

次に電波の事についてお話していきたいと思います。

wimaxを買ったのは良いけど、あれ?繋がりにくい?と感じる事があるかもしないですね。それらは何が原因あって繋がりにくくなるものなのでしょうか。

これからその原因についてお話していきます。

・高いビルなどに電波が遮られてしまっている

wimaxは高い建物などに遮られると電波が弱くなる傾向があります。自宅などで使用するときはドアが電波を遮ったり、厚い壁が電波を遮ったりして電波の入りが悪くなってしまいます。ですので高いビルが多く立ち並ぶ近くの路地などに入ったときには、電波が途切れてしまうということもあります。またトンネルの中なども同じで電波が届きにくいようです。

また自宅の場所によっては窓の近くでは電波が通っても窓から遠い部屋では通信できないなんてこともあります。

・電波を遮りやすい窓の使用

壁のみでなく、窓ガラスもuv加工がされたものや鉄線入りガラスは電波を通りにくくする事があります。今時の窓ガラスは強化ガラスやuv加工がされているガラスも増えてきているので、窓ガラスよりも壁の方が電波を通すこともありますので、自宅のいろいろな場所で調べてみることも大事かなと思います。

またWIMAXを契約する前にレンタルしてみるのも良いと思います。タダで借りれるプロバイダは、UQwimaxです。

15日間無料お試しTry wimaxを使用しましょう。

発送や返却の期間も合せて15日間ですので実際には10日間ほど使用する事ができるかと思います。レンタルする場合は機器を綺麗に使いましょう。無くしたり壊したりすると違約金が発生し、レンタル日が過ぎてしまっても違約金が請求されます。

 

対応エリア外

・対応エリア外で使用してしまっている

wimaxの電波は使えるエリアが広がって、都心部などでは、ほとんど通信ができるようになっています。

地方ではまだ440Mbpsで対応していない場所もあります。自分が対応エリアにいるか知りたい時は、公式サイトから対応エリアが調べられます。

公式サイトのサービスエリアマップを開きますとサービスエリアマップのwimax2+をタップすると各都道府県のマップが出てきます。自分の使用するエリアをタップすると利用する地域が色で表されます。色ついていないところはエリア外です。

もっと詳しく調べたい方はピンポイントエリアを調べると事が可能です。

ピンポイントエリアで住所を調べると、その町内のエリアが通信できない場所ならエリア外とでます。

通信状態によってそれぞれの記号とエリア外で表されます。エリア外の場合は通信が圏外になってしまいます。

・近くにある電子機器がwimaxの電波に干渉してしまっている

電子レンジなどの機器の使用により、wimaxの電波が干渉を受けてしまい途切れてしまうと事が少なからずあります。それは、wimaxの使っている周波数帯は2.5GHzで、電子レンジや無線LANなどの2.4GHzの周辺機器の電磁波がノイズになってしまっているからです。電子レンジは自分の家では使っていなくても隣の人が電子レンジを使っていると影響をうけることも稀にあります。wi-fiルーターが最新の端末の場合は周波数を5GHzにかえることができるので、5GHzなら大丈夫です。

カフェやファミレスなどで、携帯などを使用している人が多い場所やオフィス、マンション、wi-fiスポットなどでも電波干渉があります。